人気ブログランキング |

タグ:LEICA DG MACRO-ELMARIT45mmF2,8 ( 67 ) タグの人気記事

LEICA DG MACRO-ELMARIT45mmF2,8

パナのレンズはオリに比べデザインで物欲を刺激するものは少ないのですが、このレンズもマクロレンズとは思えない小型軽量なうえに90mm相当という扱いやすい画角のため、所謂マクロ写真以外でも、偶然見つけた惹かれるシーン等にも、重宝するレンズです。
e0152576_20371099.jpg


e0152576_20373170.jpg


e0152576_20375933.jpg

下の2枚はクリエイティブコントロールのソフトフォーカスとハイキーを使ってますが、NEX-7と違ってEVFで見たときと出来上がりのギャップがほとんどなく、使う機会も増えそうです。

by chrise171 | 2013-10-19 09:08 |

棚田の秋②

e0152576_2019796.jpg


e0152576_20193256.jpg


e0152576_2020231.jpg


e0152576_20205143.jpg


e0152576_20212541.jpg

パナがライカに20万円クラスのカメラをOEM供給することになったとの報道があったそうです。GH3の後継機種は、その廉価版になるのでしょうか。コンセプトは今のままでプロも納得のフラッグシップを出してほしいですね。

by chrise171 | 2013-10-17 21:29 |

LUMIX GX7で初chrise

e0152576_20412791.jpg


e0152576_20405530.jpg


e0152576_20411954.jpg


e0152576_20355475.jpg

僕が本格的に写真を始めたのはコニカミノルタのアルファ7-Dでしたが、その開発陣がSONYとPanasonicに分かれて行ったそうです。そのため、α900やNEX-7も使いましたが描写傾向が、その二つのカメラはどうもしっくり来ずに、結局手放しました。
そして、今回のLUMIX GX7ですが、今回の1枚目など特に7Dの雰囲気にちょっと似ているような気がします。
気のせいかな。
いずれにしても、想像以上に画質も気に入りました。
ってことで、最後に昔、7Dで撮ったchriseを載せておきます。
e0152576_2015089.jpg

by chrise171 | 2013-10-09 21:29 | chrise

晴れの彼岸花②

タムロンには多くの方が称賛する90mmのマクロレンズがありますが、35mm換算で90mmのマクロレンズというのは確かに使い易いですね。
e0152576_20595670.jpg


e0152576_210764.jpg

by chrise171 | 2013-10-08 20:59 |

晴れの彼岸花

僕個人的には彼岸花は雨で滴を纏っている方がフォトジェニックだと思うのですが、そろそろ季節外れになってきたので、急いでアップします。
e0152576_2144543.jpg


e0152576_21454485.jpg


e0152576_214502.jpg


e0152576_21452173.jpg

ラストはLUMIX GX7 のダイナミックレンジの広さが分かりやすいカットになりました。

by chrise171 | 2013-10-07 19:32 |

雨の彼岸花

e0152576_2342338.jpg


e0152576_234690.jpg


e0152576_235372.jpg


e0152576_2344187.jpg


e0152576_2345496.jpg

EP-5を買おうかと思っていた頃はマクロはオリの60mmマクロに行こうと思ってたのですが、45mm位の方が広角好きの僕には使い易そうだと思ったし、やはり、LEICAの描写に惹かれ、こちらにしました。

by chrise171 | 2013-10-04 23:10 |

4台目の~7~LUMIX GX7

僕は今まで、α-7D,k-7,NEX-7と「7」の付くカメラを使ってきましたが、この度4台目の「7」、LUMIX GX7を導入しました。7という数字に縁があるのかは分かりませんが、今回、初めてPanasonicのカメラを導入する切っ掛けになったのは、もともとオリンパスのE-P5に一目ぼれをしたからでした。
e0152576_22445787.jpg

NEX-7にもない1/8000秒のシャッタースピードやネオクラシックなデザインも気に入りました。
e0152576_2247316.jpg

しかし、色々と調べているうちにあの外付けファインダのデカさとチルトをする時のフニャフニャ感がどうしても我慢できなくなったのです。
e0152576_22493341.jpg

他にもせっかく2ダイヤルになったのにWBや絞りが背面の「1」・「2」ボタンを切り替えなくてはいけないというのも、戻し忘れなどを僕なら絶対やりそうで煩わしく感じるようにもなりました。
そんなときに、発表されたのがLUMIX GX7だったのです。
e0152576_20515381.jpg

初めて見たときは「EP-5と似たような感じだけど、EP-5の方がカッコいいな」と思った位でしたが、スペックを確認していくうちにEP-5に充分対抗できる性能がありそうだし、何より決め手になったのがチルト式内蔵ファインダでした。僕はファインダなしでは使えないタイプだし、EP-5のファインダはバックの中でも邪魔になりそうに思ったのです。
さらにWBやISO、ドライブモードなども一機能一ボタンになっている操作系もミラーレスの割に使い易そうだと思ったのも大きな理由でした。
 今回、試し撮りで選んだのはかなり暗いシーンでしたが、売りの「-4EVローライトAF」は伊達ではありませんでしたし、次の2枚はかなりの高感度で撮っているのですが、充分にノイズレスだと思います。ISO幾らで撮ってると思いますか?
e0152576_2122251.jpg


e0152576_2124035.jpg

この二枚は違う感度で撮っています。

by chrise171 | 2013-10-03 21:36 | 夕景・夜景