地味だけど。

地味な存在ですが、この季節に咲く花で結構好きなのが・・・。
e0152576_2105665.jpg


e0152576_2115448.jpg

このように小さな花でも、DA21mmF3.2AL Limited Silverなら、ここまで大きく写せます。そして・・・。
e0152576_2135147.jpg

このように結構、ぼかすことも出来ます。
[PR]

by chrise171 | 2011-06-29 21:05 |

DA35mmF2.8 Macro Limitedでマクロ修行②

マクロというと、どうしても、何を撮ったか分からないほどの抽象的な作画をイメージしますが、このレンズは、あまり、いかにもっていうのを意識しない方が良いように思います。
e0152576_20232266.jpg


e0152576_20235359.jpg


e0152576_20243780.jpg

[PR]

by chrise171 | 2011-06-28 20:25 |

DA35mmF2.8 Macro Limitedでマクロ修行

マクロ写真には、相変わらず、苦手意識を持ったままですが、せっかく、ペンタで初のマクロレンズを買ったので、早く使いこなせるようになろうと、アジサイを撮ってきました。
e0152576_20452096.jpg


e0152576_20454525.jpg


e0152576_20461368.jpg


e0152576_20471695.jpg

50mm相当と、結構、広く撮れるし、13cmで等倍まで寄れるしで、フレーミングに悩んでしまいます(笑)。
[PR]

by chrise171 | 2011-06-26 21:06 |

αは、やっぱり、7D③

7Dと85Gを持ち出すと、それだけで存在感のあるものを見つけやすくなるような気がします。
e0152576_205353.jpg


e0152576_20533990.jpg


e0152576_20543125.jpg

[PR]

by chrise171 | 2011-06-25 20:55 |

αは、やっぱり、7D②

これほど、自分にしっくり来るカメラもないと思います。
e0152576_22475264.jpg


e0152576_22484125.jpg


e0152576_22491488.jpg

発売から7年も経って、未だ色褪せない魅力があるカメラです。
[PR]

by chrise171 | 2011-06-25 08:08 |

αは、やっぱり、7D①

この度、ある決断をしました。
今回のペンタの寄れるレンズ、二本を購入するに当たって、α900とαの100mmf2.8マクロも手放すことにしました。α900は、憧れのフルサイズだということもあり、その類を見ない素晴らしいファインダーには魅了されていましたが、k-5の小型軽量でありながら、α900をも凌駕する画質と機動性にすっかり、心酔してしまい、メイン機の座はk-5が奪ってしまったのです。
それに加え、7Dのαレンズとの相性の良さと未だ色あせない画質に、αレンズは、やはり、7Dで使い倒したいと思うに至ったのです。100mmマクロを手放したのは、7Dでは、僕には狭すぎる画角になるのと、以前よりMFのフィーリングが気に入らなかったというのもあります。
e0152576_22342113.jpg


e0152576_22352132.jpg


e0152576_2236366.jpg


e0152576_22372198.jpg

今まで、宝の持ち腐れになりかけていた85Gも、これからは、7Dでどんどん使って行こうと思います。
[PR]

by chrise171 | 2011-06-22 20:33 |

幻のレンズ(DA21mmF3.2AL Limited Silver)④

このレンズを説明する時に必ず使われる表現が、「スナップに最適」という言葉です。f3.2ですから当然かもしれませんが、「開放でバリバリ撮るレンズではない。」とも言われます。
つまり、ボケない、或いは、ボケが綺麗じゃないと言いたいのだろうと思います。
e0152576_20462418.jpg


e0152576_20465539.jpg


e0152576_20473199.jpg

今回の二本のレンズを購入するにあたって、貧乏人の僕は幾つかの機材を手放しましたが、その一つがDA 15mmF4ED AL Limitedです。それなりに気に入ってたのですが、12-24mmと16-50mmの二本のレンズを持っているということもあるし、単焦点なのにf4という開放値が故にボケは全く期待できないことが、不満に感じられてきたことが大きな理由でした。
その点、このDA21mmF3.2AL Limited Silverは、若干、望遠よりだし、たった二段分の違いですが、f3,2なら、それなりにボケるはずと思ったのです。勿論、広角なのだから、背景は、ある程度説明をしたい訳ですし、トロトロにボケる必要はありません。
e0152576_2057132.jpg

この程度、ボケてくれれば、僕としては充分に合格です。
[PR]

by chrise171 | 2011-06-20 20:06 |

幻のレンズ(DA21mmF3.2AL Limited Silver)③

僕が一番しっくりくる画角は35mm換算での35mm前後です。7Dがメインだった頃、シグマの24mmf1.8を好んで使っていたのは直ぐにビシッと構図が決まるからだったのですが、このレンズは、その画角にプラスαの広さを持っています。
e0152576_20252635.jpg


e0152576_20263390.jpg


e0152576_20275187.jpg

この3mmの差がどう作用するかは、これからのお楽しみです。
e0152576_20291295.jpg

[PR]

by chrise171 | 2011-06-18 21:48 | 建築物

幻のレンズ(DA21mmF3.2AL Limited Silver)②

この21mmっていう微妙な画角が「ちょうど良い!」んです。
e0152576_2241146.jpg


e0152576_21591134.jpg


e0152576_21594939.jpg


e0152576_2203794.jpg

下の3枚は、上から順に「ほのか」、「リバーサル」、「雅」です。それぞれ良い味出してると思うんです。如何でしょう?
[PR]

by chrise171 | 2011-06-16 22:09 | その他の自然

幻のレンズ(DA21mmF3.2AL Limited Silver)

大袈裟なタイトルを付けましたが、導入した二本目のレンズはDA21mmF3.2AL Limited Silverです。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、このレンズ、世界限定500本なので、手に入れるのが相当困難になり、不当に高価な値段で取引されている実情があります。
僕もある店で予約していましたが、あっさりと、「商品を確保出来ない事が判明しましたので、キャンセルします。」とメールが来て、ガッカリしていました。
e0152576_21553336.jpg

その後、別の店で、ダメモトでキャンセル待ちを入れていたら、先日。「あなた様の順番が参りました。」との連絡があり、「適正価格」で購入することが出来ました!
e0152576_2214523.jpg


e0152576_2222571.jpg

初めて、購入したお店でしたが、なかなか良心的で良いお店でした。
[PR]

by chrise171 | 2011-06-15 19:31 | その他の自然