フォーサーズのボケ味

「フォーサーズのボケ量はAPS-Cと比べても1段分は少ないのに焦点距離だけ換算値を表記しf値はそのままなのは不誠実だ。」と吠えていた方がいたので、LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASを使って、出来るだけ開放付近で撮ってみました。
e0152576_225047.jpg


e0152576_22503455.jpg

1枚は開放、2枚目はf2です。
使い物にならないAPS-Cのf1.4より、充分シャープで実用域のフォーサーズf1.4の方が良いと思います。
[PR]

by chrise171 | 2013-10-28 22:53 | | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://chrise171.exblog.jp/tb/21252996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by slowhanded at 2013-10-29 20:05
そのように言う方もおりますなぁ。~(-゛-;)~
ボケ量と画角を同じ土俵で考えること自体が無意味
ということになぜ気付かないのでしょう?┐(´д`)┌

結果は公式サンプルなどを見て満足のいく画質なら
それで良しと思うんだけどなぁ。。。( ̄-  ̄;) ンー
Commented by chrise171 at 2013-10-29 22:36
ペンタで小型軽量システムの良さを覚えたのですが、Qシステム
はやり過ぎだと思いますし、魅力は感じませんでしたがフォーサー
ズはベストバランスのように思いますね。
そのベストバランス