楚々として

 もう、終わったと思っていた水仙が、一株だけ、しかも、普通の品種のより、楚々とした感じを漂わせながら咲いていました。
e0152576_2385449.jpg


e0152576_2391153.jpg


e0152576_2395128.jpg


e0152576_23101548.jpg

 この中で、一枚だけ、k-7で撮ったものがありますが、分かりますか?
[PR]

by chrise171 | 2010-02-28 00:01 | | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://chrise171.exblog.jp/tb/12202288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by slowhanded at 2010-02-28 06:33
水仙もよく見ると色んな品種がありますねぇ。
こちらのはシベの袴?のような部分から黄色になる
ものが多いのですがこの品種は見かけませんわ。

さて、課題ですが、3枚目だけパースの付き方が異なり
ますねぇ。さらに茎部分が引き寄せられているようで
すので、24mmよりも長い焦点距離なのかなと。( ‥)
それと黄色の発色も異なりますから3枚目に1票!
Commented by wild_yellows at 2010-02-28 19:19
4枚目かなぁ…
いや、単に4枚目が好みってだけなんです。
透き通ったハナビラと奥の木の対比がイイと思いました。
前回の梅園デイドリームに通じる何かを感じます。
Commented by chrise171 at 2010-02-28 20:28
> slowhandedさんへ
やはり、珍しいんですね。僕は一目ぼれしました(笑)。
とっても、お淑やかな女性のようでした。
問題は、又もや正解です。しかも、焦点距離までも、当たりです!
Commented by chrise171 at 2010-02-28 20:33
> wild_yellowsさんへ
正解は3枚目ですが、4枚の構図は僕も気に入ってますし、逆光に
花びらを透かす意図で撮りましたので、気に入って貰えて嬉しいで
す。