時計の針が止まった場所へ④

 今回の被写体となった建物は、メインの場所から、徒歩で20分程、山道を歩いた場所にあります。
e0152576_2223248.jpg

 この日のようにお天気の良い日中だと、まだ良いですが、どんよりと曇った夕暮れ時だと、ちと、薄ら怖いでしょうね(笑)。
 せっかくの魚眼なので、ちょっと被写体のイメージとは違うのですが、撮ってみました。
e0152576_22272895.jpg

 団体旅行の方たちが、見学するのはメインの場所ですが、僕は殆どの時間を、あの廃屋で貸切で撮っていました。
 でも、折角なので、そちらにも移動して、手早く撮ってみました。
e0152576_22314289.jpg


 最後にガイドブック的な写真も、少々、ご覧下さい。
e0152576_22333168.jpg

    35mmf1.4GNew

e0152576_22351076.jpg

    FA31mmf1.8Limited
[PR]

by chrise171 | 2009-09-22 22:36 | 建築物 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://chrise171.exblog.jp/tb/11194301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さくら at 2009-09-24 00:08 x
こんばんわ♪
ガイドブック的だとご謙遜してらっしゃいますが、4枚目、5枚目はドラマチックで素敵だと思います。
人間が栄えて棄て去ってしまった、忘れられた場所にも、緑は育ち、茂っていくんですよね。
Commented by chrise171 at 2009-09-24 23:42
>さくらさんへ
平凡な写真さえも、さくらさんのような感受性豊かな方に見ていただ
くと、こうも素敵にラッピングされるんですね。
ラッピングのあるなしで、印象が変わるから不思議です(笑)。