時計の針が止まった場所へ③

 タイムスリップを終えた後の入り口は、こんな感じでした(笑)。
e0152576_22362359.jpg


e0152576_22382784.jpg

 一枚目はα900、二枚目はK20Dで撮りました。ダイナミックレンジの広さの違いが分かると思います。
e0152576_22411630.jpg

 
e0152576_22403458.jpg


e0152576_22434894.jpg

 この窓ガラスにも、歴史を感じますね。
[PR]

by chrise171 | 2009-09-19 21:39 | 建築物 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://chrise171.exblog.jp/tb/11157122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seicolin at 2009-09-21 09:26
雰囲気ありますね~!
行ったことないんですよ~~~。ここ。
こんなにソソる場所だったとは……。

モデルさんに立ってもらったり、
おとうさんを連れていってあげたりしたいなぁ~~っと妄想が広がります。
Commented by chrise171 at 2009-09-21 22:31
僕も、前々から気になっていましたが、やっと行けました。
確かに、モデルさんとかを絡められたら、面白いでしょうね。ただ、
マイントピアを過ぎてからの道中は、かなりのヘアピンの山道です。
帰りの下りは、ジェットコースター並みでした(笑)。
Commented by arcteryx1971 at 2009-09-22 23:32
こんばんは!
窓いいですねー  昔のガラスは今のガラスと違う?から
日の入り方に味があるとか、廃墟カメラマンが雑誌の中でいってましたよ!

Commented by chrise171 at 2009-09-23 21:36
> arcteryx1971さんへ
最近のサッシの窓は、趣を感じませんよね。この窓のような、木製
の窓枠でガラスが一部欠けてるなんて、最高に味があります。
透過光もソフトな感じがします。